健康情報

 

葉酸欠乏は高齢者の難聴につながる

  • 投稿者 : admin
  • 2011年10月27日 10:51 AM

葉酸の濃度が低いと、加齢に伴う難聴が生じる可能性のあることが、Otolaryngology  Head and Neck Surgery 12月号で報告された。難聴は60~74歳の米国人2800万人以上が発症している。研究グループは、発症率が高いにもかかわらず、加齢に伴う難聴の生物学的基盤に関して明らかにされていることがほとんどないと語る。今回、60歳以上の健康なナイジェリア人男女126人を対象に研究を行ったところ、節制中の葉酸濃度が低いと、難聴の発症率が高いことを見出した。論文著者は「加齢に伴う難聴は、微量栄養素が乏しいことが原因であると考えられる。細胞代謝、神経系及び血管機能における葉酸の役割が、聴覚系で重要である」と話している。研究グループは、特に栄養不良が一般的である発展途上国で、ビタミンの難聴に対する役割を、さらに研究して行きたい意向を示したとあります。

 

りんごが医者を遠ざけるメカニズム

  • 投稿者 : admin
  • 10:10 AM

デンマーク大学食品研究所によると、果物成分ペクチンが、消化系における腸内細菌数を増加させると”1月20日付BMC Microbiology”で報告した。

研究グループは、リンゴジュースやリンゴピューレなどリンゴ由来の製品とともに、丸ごとのりんごをラットに投与しリンゴの摂取が、消化系の健康に有効で、疾病のリスクを低下させる微生物の数に影響を及ぼすかどうかを調べる為に、ラット消化管における腸内細菌数を計測した。その結果、リンゴに含まれる食物繊維の構成成分ペクチンを多量に含む食事を摂取す腸内の健康を改善させうる腸内細菌数が増加したことを見出した。「リンゴを規則正しく長期間摂取することは、腸内細菌を良好に整えることと共に、理想的なPH渋滞を提供する短鎖脂肪酸を産生するのに役立つと考えられるとの事です。

 

低エネルギー食は睡眠障害を改善

  • 投稿者 : admin
  • 2011年10月12日 3:48 PM

ストックホルム・カロリンスカ研究所の研究グループは、閉塞型睡眠時無呼吸の患者に対して体重を減少させる低エネルギー食事療法が有効であることをBritish Medical Journalで報告した。研究は、30~65歳の重症の閉塞性睡眠時無呼吸患者63人の男性を対象に行われた。被験者のBMI値は30~40だった。そのうち58人は9週間非常に低いエネルギー食を摂取し、次に、1年間の体重維持プログラム(栄耀と運動に関するカウンセリングとアドバイス)を開始したところ、結果9週間の低エネルギー食により体重が減少した患者は、1年後も体重を維持しており、睡眠時無呼吸に明らかな効能を示したというものです。

 

コーヒー摂取と大腸がんとの関連について

  • 投稿者 : admin
  • 2011年9月13日 4:26 PM

前回コーヒー摂取と男性の前立腺がんについての報告を掲載しましたが、今回はコーヒー摂取と女性の結腸がんについての報告がありましたので紹介させて頂きます。

多目的コホート研究で、コーヒー摂取と大腸がんにかかる危険性(リスク)の関係を、男女別に、さらに大腸がんを粘膜内にとどまっているうちに診断されたがん(粘膜内がん)と診断時にはすでに粘膜を超えて広がっていたがん(浸潤がん)に分けて、また部位別に結腸がんと直腸がんに分けて調べた。すると男性では、どの大腸がんについても、コーヒー摂取と大腸がんの関連はみられませんでした。ところが女性では、ほとんど飲まないグループに比べ、1日に3杯以上飲むグループで、大腸がん全体のリスクが約3割、浸潤がんでは約4割低くなっていましたが、いずれも統計学的には有意な差ではありませんでした。湿潤がんをさらに部位別に分けてところ、1日に3杯以上飲むグループで結腸がんリスクが56%低くなり、コーヒーを飲む量が多いほどリスクが低くなるという傾向がみられた。直腸がんでは、同様の傾向は見られなかったとありました。

 

ミカンの摂取で血管の力を強化

  • 投稿者 : admin
  • 2011年9月7日 2:07 PM

食品と科学という雑誌に掲載されていた話しですが、糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会は、秋から冬ノミカンの収穫・出荷期に、普通の人よりもミカンを食べる頻度の高い、周防大島(山口県周防大島町)のミカン農家の生活者と、東京都内の一般生活者の血管年齢を測定比較することで、ミカンおよびヘスペリジンの摂取が、血管年齢に与える影響について調べたところ、男性では5.0歳、女性では2.8歳、都内在住者の方が血管年齢の平均値が高かった。近年の研究で、ミカンの皮や果実に含まれている成分「ヘスペリジン」には、毛細血管の強化や血流改善効果、血圧上昇の抑制など、血管の力を高めるさまざまな効果が明らかになってきていると報じてます。

 

コーヒーは前立腺がんのリスクを低下させる

  • 投稿者 : admin
  • 2011年8月31日 1:36 PM

ハーバード大学公衆衛生学部のWilson氏は、コーヒーを多量に摂取する男性は前立腺がんのリスクを低下させることを5月17日付The Jounal of the National Cancer Institオンライン版で報告。

研究グループは、47911人を対象にコーヒー摂取に関する定期的な追跡調査を行った。その結果1日あたり6杯以上のコーヒーを摂取した人は、全く摂取しなかった人に比べて、20年間に前立腺がんの発生を焼く20%抑える傾向を確認したとのこと。又多量にコーヒーを摂取している人は、全く摂取しない人に比べて、悪性の前立腺がんの発症を60%抑制し、1日に1~3杯のコーヒーを摂取する男性では約30%抑制したと報告。一方、コーヒーがカフェインを含有していたかどうかは関係なかったとのこと。

「男性にコーヒーを多量に飲むように推奨することはまだ出来ないが、コーヒーを飲んでも前立腺がんリスクの心配をする必要はなさそうだ」とのコメント。

 

フルーツダイエット

  • 投稿者 : admin
  • 2011年8月12日 1:58 PM

フルーツダイエット

ミカンとリンゴでダイエットというテレビ放送があった。
青ミカンの黄金法則
①従来食後の果物といっていたが、ここでは食前に食べる事。②果肉・すじ・袋ごと食べるとシトラスペクチンをとることが出来る。③未熟の青いミカンを食べる。というもの。
ミカンに含まれているシフネリンは熟成していくほど減ってくるので未熟の青ミカンが良い。シフネリンは脂肪燃焼を高め、脂肪を分解するリパーゼを活性化しダイエット効果を発揮するというもの。
青リンゴの黄金法則
①青リンゴは赤いリンゴに比してプロシアニジン(ポリフェノール)を多く含む。プロトシアニジンは脂肪の吸収を抑えてくれます。②皮には果肉の5倍ものプロシアニジンが含まれている。皮ごと食べる事。③この場合も食前に半分食べる。というもの。
毎食ごとに青ミカンの場合は1個、青リンゴの場合は半分食すれば2週間で結果が出るというものです。
青ミカンと青リンゴでは効くタイプが違うそうです。
青ミカンが効く人は①冷え症の人②運動不足の人③炭水化物の多い食事をする人。
青リンゴが効く人は①便秘気味の人②脂質中心の食事をとる人③内臓脂肪がたの人。だそうです。
簡単に行えそうですので直ぐにでも試してみたいものです。
2006/10/23
_kasai at 14:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

 

老化した脳の活性維持に野菜が有用

  • 投稿者 : admin
  • 1:57 PM

老化した脳の活性維持に野菜が有用

American Journal of Clinical Nutrition 9月号に掲載。
葉酸を多く含む食事により、脳機能の低下が緩和される可能性!
研究者らによると、葉酸を豊富に含む葉菜および柑橘類を最も多く食べていた高齢男性は、これらの摂取量が少なかった高齢男性に比べ、3年間の試験期間にわたり、加齢に伴う脳機能および記憶力の衰えが有意に少なかった。というもの。
葉酸はビタミンB群の一種であり、ブロッコリーやほうれん草などの野菜ならびに柑橘類に天然成分として含まれている。米国栄養学会によれば、葉酸はヒヨコマメ、インゲンマメ、イチゴ、グリンピースにも多く含まれているとのこと。
この研究では、本研究期間を通じ、言語能力の低下が少なかったこと、食事中および血中の葉酸レベルが高いと、様々な形および図柄を模写する能力(空間的模写として知られる能力)の低下が防止されているようであったそうです。
高齢者の野菜を食べようという意欲が以前より、高くなる研究結果の発表ですね。小麦胚芽にも葉酸は豊富に含まれております。470μg/100gです。
2006/10/16
_kasai at 11:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

 

ホモシステインとは

  • 投稿者 : admin
  • 1:56 PM

ホモシステインとは

ホモシステインは新たな動脈硬化の危険因子。
高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などの動脈硬化の危険因子に加え、ホモシステインが新たな動脈硬化性疾患の危険因子として注目されている。
ホモシステインとは:体に重要なたんぱく質は肝臓で種々のアミノ酸を材料として合成されますが、たんぱく質構成アミノ酸であるメチオニンの代謝中に硫黄を持ったアミノ酸であるホモシステインが生成される。その代謝の過程でビタミンB6が不足するとホモシステインからシステインへの代謝が低下し、ホモシステインが余り、血中ホモシステイン値が上昇する。また葉酸、ビタミンB12が不足してもホモシステインからメチオニンへの代謝が低下して血中ホモシステイン値が上昇する。
ホモシステイン低下療法が虚血性心疾患を予防するとの臨床研究がある。
葉酸、ビタミンB12やビタミンB6はホモシステインの産生を抑制するとのことである。
厚生労働省による第6次改定日本人の栄養所要量(平成12年度から16年度の間使用)によると、ビタミンB6の1日当たりの栄養所要量は成人男性で1.6mg、女性で1.2mg、許容上限摂取量は100mgである。葉酸の1日当たりの栄養所要量は成人男性、女性とも200μgとされ、許容上限摂取量は1000μgである。食事からの摂取が不十分、または既に虚血性心疾患などの動脈硬化性の疾患がある場合は、ビタミン剤の補充も必要とのことです。ちなみに小麦胚芽にはビタミンB6が100g中1.1mg、葉酸が490μgも含まれています。2006/10/11

kasai at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

 

熱帯果物マンゴスチンの果皮にがん抑制効果

  • 投稿者 : admin
  • 1:55 PM

熱帯果物マンゴスチンの果皮にがん抑制効果

財団法人・岐阜県国際バイオ研究所で解明。
マンゴスチンの果皮は現地では炎症や傷の治療薬として知られている。果皮に含まれる「キサントン」という成分には、抗菌や抗カビなどの作用がある。キサントンは老化やがんの要因とされる活性酸素を除去する働きを持つポリフェノールの一種で、この成分に着目、3年前から、がんに対する効果を調査。培養した人のがん細胞に、果皮から抽出した成分を加えたところ、がん細胞は18~24時間で減り始め、48時間後には6~7割が死滅。大腸がんや前立腺がん、白血病などのがん細胞を抑える効果を確認。抗がん剤のように、正常な細胞を壊してしまう副作用もほとんどないとのこと。
マンゴスチンはオトギリソウ科の植物でタイやマレーシアなどの熱帯アジアの各地で栽培されており、硬く厚い果皮に覆われた果実で栄養価が高く「熱帯果物の女王」呼ばれているそうです。
2006/10/06
_kasai at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
次ページへ »