健康情報 » フィトケミカルとは

 

フィトケミカルとは

  • 投稿者 : admin
  • 2011年8月12日 1:54 PM

フィトケミカルとは

食物の5大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルであり、近年、食物繊維が第6の栄養素として注目された。そして今まで食物繊維と同様、栄養素と考えられていなかった「色」「香り」「苦味」等の植物性食品の成分のフィトケミカルが第7の栄養素として取り上げられるようになってきた。フィトケミカルが最も注目されている理由は活性酸素から体を守る抗酸化作用があることです。
フィトケミカルの種類としては
・ポリフェノール:フラボノイド(アントシアニン、ケルセチン、ルチン、カテキン、
イソフラボン、カルコン)
その他(クロロゲン酸、ローズマリン酸、リグナン、クルクミン、タンニン類)
・イオウ化合物:イソチオシアネート類、(スルフォラファン)システインスルホキシド類
・カロチノイド:カロチン(βーカロチン、リコピン)キサントフィル(ルチン、
ゼアキサンチン、カプサイシン、アスタキサンチン)
・その他:フコイダン、βーグルカン、ペクチン、タウリン、グルタチオン等
あるある(11/5放送)フィトケミカルでセラミド不足解消と取り上げていました。
乾燥肌改善のために効果的な4色は「緑・白・オレンジ・黒」というもので、なかでも黒コンニャクは、セラミド成分が豊富というものです。当社の商品群の中にある小麦胚芽製品にもセラミドは豊富に含まれています。
またグルタチオンも同様豊富に含まれております。2006/11/06
_kasai at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!


この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.