健康情報 » 亜鉛不足の恐怖

 

亜鉛不足の恐怖

  • 投稿者 : admin
  • 2011年8月12日 1:27 PM

亜鉛不足の恐怖

先週TVで表記の内容で放映していました。
亜鉛とは、身体に必要な16種類のミネラルのひとつで、食事で補わなければならないものです。血液中と臓器に半分ずつ存在し、不足すると臓器のストックから使われていきます。
亜鉛が不足すると記憶力が低下したり、味覚が衰えるだけでなく、新陳代謝が正しく出来ず、シミや肌荒れの原因になります。亜鉛は身体の300種類もの新陳代謝に関わっており、不足すると年齢以上に老化が進行してしまうそうです。
亜鉛の1日の摂取量の目安は女性で7mg、男性で9mg。亜鉛は多くの食材に含まれておりますが以下の原因で慢性的に不足といわれているそうです。
1)アルコール アルコールを肝臓で分解する時に亜鉛が消費される。
2)タバコの喫煙 タバコを吸ったときに発生する活性酸素を撃退する時に亜鉛が消費される。
3)ストレス ストレスで分泌される神経伝達物質を亜鉛が抑制する為、ストレスが多いと亜鉛が消費される。
4)食物繊維の摂りすぎ 野菜や海草に豊富な食物繊維は、亜鉛を吸着して体外へ排出してしまいます。ダイエットで食物繊維を摂りすぎている人は要注意。
亜鉛不足の解消方法は
1)亜鉛の豊富な食材を摂取 肉を食べる、亜鉛は肉の動物たんぱく質と相性が良いようで、たんぱく質のシスチンとヒスチジンというアミノ酸が吸収率をアップしてくれるそうです。
2)食材の組合せで解消 クエン酸とビタミンCの組合せが良い。お酢や梅干に豊富なクエン酸は、亜鉛を包んで吸収されやすいかたちにしてくれるそうです。食品の亜鉛含有量は以下の通りです。食品100g中のmg
小麦粉(強力粉):0.8mg、コーンミール:1.4mg、オートミール:2.1mg
きな粉:3.5mg、大豆:3.2mg、エンドウ豆:3.6mg
いわし(煮干):7.2mg、うなぎ(蒲焼):2.7mg
牡蠣:13.2mg、かに缶:4.7mg、たらこ:3.8mg
豚肉(レバー):6.9mg、牛肉(かたロース):5.8mg、鶏肉(もも皮なし):2mg

当社で扱っている小麦胚芽には全脂商品で10.9mg、脱脂商品で15.9mgも含まれており、新商品の開発に是非お役立て下さい。

2006/11/21