健康情報 » 健康と酢のかかわり

 

健康と酢のかかわり

  • 投稿者 : admin
  • 2011年8月12日 1:38 PM

健康と酢のかかわり

こうじマチネーという会報の中に横井醸造工業の横井社長の、お酢についての記述があり、新たな知見ということでご紹介したい。
酢と健康の関わり合いについて、九州大学健康科学センターの藤野助教授の講演「血液の粘弾性と健康」からの引用ということです。人間の脳にくる老化現象であるボケの原因の一つは、脳の血行不良といわれている。”赤血球の大きさは1000分の7ミリ。(脳などの)微細な血管を赤血球が自分の身の丈より狭いところを通るので、運動会の梯子くぐりみたいなもので一立方ミリの中に500万の赤血球がパアッと流れたら微細なところで流れが遅くなったり、詰まってしまう。だから、梯子くぐりをする赤血球はしなやかでないと駄目なのだが、これをしなやかにする薬はないとのことで今これが出来るのは黒酢だけだ”と言う内容。黒酢は飲むだけで驚いた事に血液のさらさら度が増す。血液のさらさら度とは医学的には粘弾性とか血液凝固性という二つの言葉で言われているとのことです。ボケ予防のため酢を日頃から飲む習慣をつけておくのも一つの選択肢のようですね。
その他に酢の実践的利用法として、こよなく酒を愛でる諸兄にという事で「お酒を飲んだら酢を一杯」。二日酔いと、不快な呼気(熟柿臭)も防ぎ、朝も健やか。盃一杯(30ml)位を水で4~5倍に薄めて、おつもり時かその晩に飲用。翌日、頭痛がしてからでは効果なし。とのこと。当社の商品の中にも原料素材にこだわり小麦の生命の源である貴重な小麦胚芽を原料にしたアミノ酸含量の豊富な小麦胚芽酢があります。一度お試しください。2007/03/07