健康情報 » コーヒー摂取と大腸がんとの関連について

 

コーヒー摂取と大腸がんとの関連について

  • 投稿者 : admin
  • 2011年9月13日 4:26 PM

前回コーヒー摂取と男性の前立腺がんについての報告を掲載しましたが、今回はコーヒー摂取と女性の結腸がんについての報告がありましたので紹介させて頂きます。

多目的コホート研究で、コーヒー摂取と大腸がんにかかる危険性(リスク)の関係を、男女別に、さらに大腸がんを粘膜内にとどまっているうちに診断されたがん(粘膜内がん)と診断時にはすでに粘膜を超えて広がっていたがん(浸潤がん)に分けて、また部位別に結腸がんと直腸がんに分けて調べた。すると男性では、どの大腸がんについても、コーヒー摂取と大腸がんの関連はみられませんでした。ところが女性では、ほとんど飲まないグループに比べ、1日に3杯以上飲むグループで、大腸がん全体のリスクが約3割、浸潤がんでは約4割低くなっていましたが、いずれも統計学的には有意な差ではありませんでした。湿潤がんをさらに部位別に分けてところ、1日に3杯以上飲むグループで結腸がんリスクが56%低くなり、コーヒーを飲む量が多いほどリスクが低くなるという傾向がみられた。直腸がんでは、同様の傾向は見られなかったとありました。